新聞記者関連の情報を収集してます


by 34icvsvzg2
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長の意向で掲示された市職員給与総額の張り紙をはがし、懲戒免職処分を受けた男性職員(45)の処分を取り消した一審鹿児島地裁判決について、市側は22日、不服として福岡高裁宮崎支部に控訴した。
 判決によると、男性職員は昨年7月、張り紙ををはがしたとして懲戒免職処分を受けた。男性の申し立てを受け、同地裁は同年10月に処分の効力停止を決定。今月9日の判決で「(免職処分は)裁量権を乱用しており違法」などと指摘し、処分を取り消したが、市長は職員の復職を拒んでいる。
 同市総務課は「市長からのコメントはありません」としている。
 自治労鹿児島県本部の話 法に基づいた手続きをするなら、まずは判決に従ってもらいたい。 

金ジョンウン「写真」は「誤報」 韓国メディアが毎日報道を否定(J-CASTニュース)
米国立墓地を訪問=花輪落下のハプニング−菅財務相(時事通信)
「最初の診療」質向上へ本腰 学ぶ医師増やせ 認定制度を充実 学術団体と日医 (産経新聞)
孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県(医療介護CBニュース)
進次郎氏、自民の実情嘆く「非常に情けない状況です」(スポーツ報知)
[PR]
# by 34icvsvzg2 | 2010-04-27 10:54
 三笠宮妃百合子さま(86)は20日、明治記念館(東京都港区)で開かれた第42回愛育班員全国大会に出席した。母子保健や福祉の向上に功績のあった個人や団体を表彰するもので、百合子さまが総裁を務める恩賜財団母子愛育会が主催している。

 百合子さまはあいさつで「今後ともみなさんが力を合わせて愛育班活動発展に寄与するため、健康で明るい地域作りを推進されますよう、一層のご活躍を希望いたします」と述べた。その後、岡山県愛育委員連合会が総裁表彰を受けた。

<山崎直子宇宙飛行士>和服で手巻きすし 宇宙から日本文化(毎日新聞)
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言(時事通信)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
競争激しい旧試験(産経新聞)
<牛丼チェーン>松屋フーズのバイトが労組結成(毎日新聞)
[PR]
# by 34icvsvzg2 | 2010-04-22 20:16
 新潟県警によると、16日午前11時55分ごろ、長岡市新産の自動車整備会社工場でガス爆発が起き、従業員3人が病院に運ばれた。容体は不明だが、いずれも意識はあるという。 

【関連ニュース】
建設現場で爆発、9人重軽傷=バーナー、ガスに引火か
タンク内で水素ガス爆発か=化学工場の4人死亡事故

介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機(医療介護CBニュース)
首相動静(4月17日)(時事通信)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
【ゆうゆうLife】老いと生きる 女優・三原じゅん子さん(45)(産経新聞)
<通天閣ロボ>「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
[PR]
# by 34icvsvzg2 | 2010-04-20 10:20
 国が承認審査を進めている初の純国産インフルエンザ治療薬「CS−8958」(一般名・ラニナミビル)がタミフル耐性ウイルスに効果があることを、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫・小児科部長らが確かめた。米国微生物学会誌(電子版)に掲載された。

 菅谷部長らは08〜09年、患者184人を分けてラニナミビルとタミフルを投与。同シーズンはAソ連型(H1N1型)でタミフル耐性ウイルスが流行し、試験した患者でも約95%が感染した。すると、ラニナミビルを投与した患者はタミフルを投与した患者より平均60時間以上早く回復した。一方、タミフル耐性でなかったA香港型(H3N2型)やB型に感染した患者の治療効果に差はなかった。

 ラニナミビルはリレンザと同じ吸引式で1回の服用で済む。これまでの試験でA型、B型の季節性ウイルス、さらに新型(H1N1型)、強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に対する効果も確認されている。

 菅谷部長は「来シーズンまでにはラニナミビルが承認され、新型のウイルスがタミフル耐性になっても効果が期待できる」と話している。【関東晋慈】

【関連ニュース】
◇特集◇新型インフルエンザ
◇新型インフルエンザ◇ワクチン輸入、257億円分解約
◇新型インフルエンザ◇期限切れワクチン 234万回分廃棄へ
◇新型インフルエンザ◇水際対策の効果「限定的」 国際チーム解析
パンデミックに挑む:布施晃さん=国立感染症研究所広報委員

元日に近鉄社員が勤務中飲酒 車庫内で電車運転(産経新聞)
名張毒ぶどう酒事件 差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)
密約文書欠落で調査委設置=廃棄の有無解明へ−岡田外相(時事通信)
長官銃撃概要の警視庁HP、アレフが削除申出書(読売新聞)
【瞬!感】シャボン玉ができるまで(産経新聞)
[PR]
# by 34icvsvzg2 | 2010-04-13 19:59
 新年度がスタートした1日、埼玉県庁は189人の新人職員を迎えた。埼玉会館(さいたま市浦和区)で開かれた新規採用職員就任式で、上田清司知事は「アリの目、鳥の目、魚の目の3つの目を持とう」と、社会人の第一歩を踏み出した職員たちに公務員としての心構えを語った。公務員の仕事は地道で、毎日食料を巣に運ぶアリのよう。しかしそれだけでは、大きなトレンドを読み県民に必要とされる仕事をすることはできない。全体を見渡す鳥の目、潮流を読む魚の目を同時に持つことが必要だ−という考えだ。

 上田知事は「3つの目は、県庁と自宅を行ったり来たりしているだけでは身に付かない」と述べた上で、「友人との付き合いを大事にする、セミナーや勉強会への参加、消防団などの地域活動への参加など、いろいろな場所に身を置くことで、鳥の目も魚の目も身に付けることができる」とアドバイスした。

岡田外相、核軍縮で主導できず不満 会見質問ゼロにすね気味 G8外相会合(産経新聞)
<チリ津波>地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で(毎日新聞)
外国人2人がタクシー強盗=釣り銭箱奪い逃走−沖縄(時事通信)
山崎さん搭乗シャトル公開=5日夜に打ち上げ―ケネディ宇宙センター(時事通信)
小沢氏が資産等報告書訂正…ホテルの土地など(読売新聞)
[PR]
# by 34icvsvzg2 | 2010-04-08 19:26